2017年6月7日水曜日

施術について7

【点・線・面】

施術者・治療者によって、からだをどう捉えて施術するかという
見方はいろいろあると思います。


鍼灸師の方はツボという”点”にアプローチします。
局所に圧や刺激を与えるということが治療効果を高めることにつながります。

逆に、”面”でとらえるとリラクゼーション的な要素が増える気がします。
アロママッサージなどは”点”というよりは”面”での捉え方ですよね。


で、僕はというと、経絡という気の通り道を意識していて、
これは”線”での捉え方になるのかなと思います。

”線(=経絡)”に気が通りやすいようにするということが一番の目的で、
この気の通りが悪くなったら各所に痛みが出る(不通即痛)ので、
気の通りをよくすることで痛みの改善につなげます。
あるいは気の通りをよくすることで内臓機能の調整をするということを考えています。


ただ僕の場合はツボという”点”も抑えるし、
手で行う施術なので”面”の要素も多くなります。

みなさん施術していたら寝てしまう方が多いですが、
”面”で捉えたときのリラクゼーションという要素も大きいからだと感じます。


施術を受ける立場になると、その時その時で必要なことは違うと思います。

どちらかと言うと、ですが
体調がすぐれない、症状があるときには”点”を意識したものを
疲れてしんどいときには”面”で捉えるリラクゼーション的なものを
ということになるのかなと思います。

そして僕は両方やってます、と言うことになるのかな。

何事も「AかBか」と、どちらかに決めるのは苦手です。
「AもBも」と、いいバランスで。


2017年6月1日木曜日

施術について6

【気が合う】

施術について1で、人のからだの違和感を自分のからだで感じると書きました。

そんなことを言うと「すごいですね」とか言われるんですが、
もちろん特別すごいこととは思っていません。


僕は”からだに気が合う”人だったと思ってるんですが、
人それぞれ”気が合う”ことってあるんだと思うのです。

料理を作る人が、調味料の加減を調節したり、意外な食材を組み合わせたりする。
それって、考えている部分と感覚の部分とがあると思います。
「なんでもうちょっと塩を入れたんですか?」と聞いても
「なんとなく美味しくなりそうな気がした」ってあると思います。

写真家の人が、「どうしてそのアングルで撮ろうと思ったのか」って聞かれても
「いいと思ったから」ってあると思います。


そんな感じで、僕は「そこを触っといた方がいいと思う」っていうを感じてます。


で、それはみんなにあることだと思います。
人によってその出方とか感じるもの・感じることが違うだけで。

だから僕は特別すごくないです。
みんなすごいんだよ、と言いたい。


。。。施術についてじゃなくなってしまった。。。


2017年5月31日水曜日

施術に関して5

【言葉】

からだに関わる人と言うのは、すぐに人に呪いをかけられると思います。

例えば、「週に2回来てくれないと良くならない」という言葉を、
どうしても週に1回しか通えない人に言うと
これは良くならないですよね。どうしても。

例えば、「肝臓が悪いですね。うちに通ってくださいね」というと、
気になって仕方ないですよね。
重く受け取れば、そのうち肝臓が悪くなります。


呪いをかけるのは簡単で、逆にそれを解くのは難しいと思います。
ですので、かける言葉には注意をしています。

通院の間隔についてはもちろん、必要な人には間隔を指定して伝えますが、
どれぐらいで通えばいいですかと聞かれたときは
自分のからだが行きたい!と思ったときに来てもらうのが
一番いいですと伝えています。

それが一番からだが良くなっていく期間だろうと思いますし、
自分のからだの声を聞いて、必要なときだけ頼るという感覚がわかる
方法なのではないかと思います。


「どこが悪いですか?」と聞かれることがありますが、
施術をしたい箇所はわかりますが、基本的に悪いところはわかりません。

ツボの感じでここが気になりますから気をつけてね、ぐらいは言います。
どこが悪いかって聞きたいですか?
僕は悪いと言われたところを気にして生活したくないので
聞きたくないし、だから悪いところはわからないと言います。


また、「良くなっていっている」と思ってくださいとも伝えます。
「まだここが痛い」「まだ良くならない」という思考は、
潜在意識では「痛い」「良くならない」という箇所だけが取り上げられ、
それがからだに影響を与えます。

言霊と言いますが、言葉とマインドとの関係は非常に重要だと思います。


施術も大事ですが、こういった言葉も大事ですし、
今こういうことを書けるようになったのは、
本心からこれらのことを思えるようになったからでもあります。

5年目になると、なかなかいいこと言うじゃん。

2017年5月30日火曜日

施術に関して4

【施術・手を当てる】

手の当て方に関して。


これはもうほとんどタッチになってきました。

ツボの効果を出すために押すことはしますが、
ほとんど揉みほぐすというイメージではからだに触れません。


ある程度圧をかけて揉みほぐすとスッキリするというのはわかります。
ただ、強く押すとその分施術前の状態への戻るスピードも早いような気がします。

触れるぐらいで、気づかないぐらいで変化するから、
施術が終わった後も効果が続くのではないか。そんな感じ。


触れていると、からだが変化していく感じを感じます。
また、通っていなかったもの(氣ということにしておきます)が
からだを流れる感じが伝わることもあります。

このあたりは筋肉や筋膜を感じて変化を感じるか
経絡に氣が流れていく感じを感じるか、
施術をうけている方の状態にもよりますが
その人に合った「適度な圧」をかけていると
(実感があろうがなかろうが)変化があるものです。


そして、個々のからだの感じや部位にもよりますが、
変化にただついていくということもよくします。

変化を楽しみながらその動きについていくと、
からだが勝手に変わって力が抜けていきます。

こういうのは、面白いね。
いくら書いてもわかりにくい感覚だと思います。すいません。


”変えてもらいたい”という方には実感としては物足りないかもしれません。

ただ、ずっと言っているように、
「僕が治すわけではなくて、治るのは自分自身のからだの力で治るんだ」ということにおいても
”変化させてもらった”という印象よりは、
”あれ、そういえば氣にならなくなってるな”という感じの方が個人的に嬉しいですし、
”自分で勝手に治っていった”と思ってもらえるとまた嬉しいです。

ですので、たとえ物足らなくても今のままいきます。


できれば触れずに終わるぐらいを目指したい。
それってもはや整体ではないんだろうけど。



2017年5月29日月曜日

施術に関して3

【施術・手を当てる-頭と顔】

前回の踵と足首に続いて効果の高いと感じる箇所。頭と顔。


頭と顔は何かとよく使う箇所で便利です。

頭部に”氣”があがってとどまってしまうと
頭痛や肩・首のこり、めまいなど人によって様々な症状が出やすくなります。

その”氣”を降ろすためにまず使います。


また陽のツボが多く集まる箇所でもあるので
陽の氣を高めたいときにも使います。

活動的な陽の氣が少なくなることで疲れやすくなり、
冷えなどの症状も起こりやすくなります。


氣を上げたいときのも降ろしたいときにも使える、
何かと便利な頭と顔。



最近はパソコン・スマホを長時間見ることも多いので
頭部に氣が集まってしんどい方も多いように思います。

単純に目の疲れ・かすみや頭がスッキリしたりしますので
今の時代には必要な施術なのかなと思います。


2017年5月28日日曜日

施術に関して2

【施術・手を当てる-踵と足首】

からだの見方が変わってきたこともあって、
施術の内容が人によって随分違ってきました。

そんな中で、効果の高いと感じる箇所に関して。
2015年にいろいろ書いているので、そちらもどうぞ→施術2015


施術箇所として1番手当てをするのは「踵(かかと)と足首」です。

ここは非常に疲れがたまりやすい箇所と感じます。
直立二足歩行をする上で、当然足首から下が土台となりますので
当たり前といえば当たり前のことだと思います。

疲れがたまると踵が硬くなります。
すると足や腰など上の方にも疲れの影響が出てきますので
踵が柔らかくクッション性が高いことは疲れをためない
ひとつの要素であると思います。

足首には内臓に関する多くのツボがある所でもありますので
からだ全体に関する不調、とくに冷えや婦人科系の疾患に関して
効果の高い箇所であると思います。


足がすっきりするだけでもからだ全体が軽くなったり、
足のむくみが取れるため靴がすっと入るようになったりと
効果を感じてもらいやすいということもあって
非常によく施術する箇所になっています。


足だけでも軽くなってたら普段の疲れが違うのになーと
よく思います。

2017年5月27日土曜日

施術に関して1

【人・施術箇所の見方】

前回施術に関していろいろと書いた2015年から1番変わったのが
人の見方・施術箇所の見方です。

本当は見方と言うのは正しくなくて、感じるということなのですが。


レイキをならったときに、どこに手を当てるかに関して
人によっていろいろな感じ方があると教わりました。

気になる箇所に手が動いていく人がいれば
熱感、冷感を感じるところに手を当てる人など。


僕の場合は、自分のからだに相手のからだの違和感のようなものを投影します。

この違和感が何なのかということは正直わかりません。
ただ、その違和感に手を当てたり施術をするとからだが
大きく変わる感じがあります。

推拿にしてもレイキにしても”氣”を扱っていることもあり
一応”氣”の滞りがある箇所が自分に投影すると感じていますので、
そこに手を当てることで”氣”のめぐりがよくなり
体質や不調の改善につながっていると考えています。


最近は感じてもわかるし、人のからだを見てても
”手を当てるとしたらここかな”というのがわかります。

こういうのがわかると、施術の効率が非常によくなりますし、
施術を受ける方にも最小限の手数で施術を受けていただけると感じています。


2015年にも言っていますが、必要以上に手をかけることはしたくないと思っています。
他人に施術をしてもらうにしても、薬を使うにしても、
それに依存することなく、最小限の手数で終わらせるということが
自分のからだの力を引き出すことにつながると思います。